hari's music blog

音楽紹介・プレイリスト中心ブログ

【'08年版】ニコ動15年以上見てる私が選ぶ『ニコニコ動画(Re:仮)』おすすめ動画

 

現在『ニコニコ動画(Re:仮)』として縮小営業しているニコ動のおすすめ動画をいくつかピックアップして紹介します。

 

2008年は思い入れがありすぎて11本あります。本当は前後編にしようと思ったけど、6月21日昼12時までしか見れないとのコトなので、まとめて紹介します。

(※6月21以降はニコニコ動画が完全復活次第、URLを置き換えます。)

 

 

 

 

おらTravelingさ行ぐだ

www.nicovideo.jp

吉幾三俺ら東京さ行ぐだ』×宇多田ヒカルTraveling』の混ぜて出来上がった曲。(いわゆるマッシュアップ)

 

こんなスタイリッシュでおしゃれな曲にガッツリ東北訛りがあるラップがハマる奇跡。特にサビの合いの手は息ぴったり過ぎる。そのうえ驚異的な中毒性までもあるという。

俺ら東京さ行ぐだ』は怖いぐらいにどんな曲でもマッシュアップできるので、当時はIKZO祭りと言わんばかりに動画が投稿されていた思い出。

 

 

 

忙しい人のためのこの木なんの木

www.nicovideo.jp

忙しい人のために可能な限り曲を短くした『この木なんの木』

再生時間1分6秒。原曲は3分ぐらいですが、コスパやタイパ云々言われる時代にある意味ぴったりなんじゃないかなって思います。

 

……こんなしょーもない動画でアホみたいに笑って弾幕出してたなぁ。『ふしぎ発見!』終わっちゃったなぁ(しみじみ)

 

 

 

ヤンデレの妹に死ぬほど愛されてハハッ!なネズミ

www.nicovideo.jp

ヤンデレの妹に死ぬほど愛されて眠れないCD』に返していく動画が流行った頃に投稿されたもの。

 

世界一有名なネズミなだけあって、返しの素材が豊富すぎる。

「それしかないんだから」「なにが悪いんだい?ハハッ」「知らないし知りたくもないね」と言うのは辛辣すぎてネズミじゃなくてもはや鬼。頭のネジが抜けまくった二人のやり取りは抱腹絶倒モノ。

 

 

 

らき☆すた涼宮ハルヒの憂鬱(完成版)

www.nicovideo.jp

らき☆すた』のOP映像を『涼宮ハルヒの憂鬱のキャラ』で作った映像。

当時のオタクに人気のコンテンツ奇跡のコラボだったので超テンション上がった記憶がある。

 

……だが、2008年にこんなハイクオリティの3DCG作ってるのってよくよく考えるとすごい通り越しておそろしくて鳥肌立つ。動きはぬるぬるだし影まで丁寧に入ってる。

今じゃ当然の技術かもしれないけど、この動画が投稿されたのは16年前です。天才でしかない。

 

 

 

【UP主が見たい】Bad Apple!! PV【誰か描いてくれ】

[手書き]BADAPPLE!! Fullバージョン[完成]

www.nicovideo.jp

www.nicovideo.jp

伝説の始まり。

曲を流して文字で書かれたこの動画が、後にニコ動で一番再生される動画を生み出すなんて誰が思ったのだろうか。

 

そして、手描きで描いた方もクオリティがめちゃめちゃ高いので見てほしい。あのコンテからこんなキレイなPV作れるのすごい。

 

 

 

ハイポーションをマックシェイクで飲んでみた

ハイポーションで愛を伝えつつ復讐してみた

www.nicovideo.jp

www.nicovideo.jp

'07年に投稿された『ハイポーション作ってみた。』の続編&完結編。

 

前者はマックシェイク(物理)なので、嫌に感じる人もいるかも。

後者は受け取った側(ヲタケンさん)の動画は出てこないけど、馬犬さんからもらったモノがトラウマになったとかなんとか。

 

この頃のニコ動は収益化ができないけど「作ったからにはちゃんと飲む」という狂人的心意気はぶっとんでる。そんじょそこらのYoutuberとは一線を画してる。

 

 

 

Hot knows.....

www.nicovideo.jp

どの素材も面白すぎるが故にニコ動に愛された男、松岡修造。この動画は特に音ネタとして完成度が異常。

 

楽曲とのシンクロ率と使ってる素材がばっちりハマってる。「しゅ~~~~ぞうっ!!!ぞうっ!!!ぞうっ!!!」の盛り方とか、靴音すらも素材にしてしまうの天才過ぎる。

時代ゆえの粗さや雑な感じは懐かしいし、いい意味で小学生が笑うようなアホな感じはニコニコならではだと思う。

 

 

 

組曲『ニコニコ動画』 全自動マリオVer

www.nicovideo.jp

 

組曲 ニコニコ動画』をマリオシーケンサで全自動演奏したもの。当時はスーパーマリオメーカーが無かったので改造マリオだったのも時代を感じる。

 

音だけではなく、コースにも『真っ赤な誓い』では溶岩のコースだったり、『思い出はおっくせんまん』でんはウルトラマンやレモンをかたどったコイン配置があったり。

相当手間暇かけて作ったと思う。愛しか感じないよ。ニコニコはホントに愛されてるなぁ……と、改めて見てちょっとうるっときた。

 

末代まで残り続けて評価されてほしい。

 

 

 

FF4で、ゴルベーザ四天王登場!に絵を付けてみた

www.nicovideo.jp

ヒャダイン(前山田健一)が投稿した楽曲のひとつにファンが絵を入れて投稿したもの。

 

大量に入ったイラストは最早MV。元ネタであるFF4プレイしてなくても楽しめる感じになっているといえるだろう。

ちなみに、この曲はFF4の『ゴルベーザ四天王とのバトル』をアレンジした楽曲ですが、動画投稿から15年後にヒャダイン本人がFF14のBGMに起用されて、これに近い曲が公式採用されるの胸熱過ぎる。

 

 

 

 

以上です。

ニコ動が更新され次第、引き続き記事を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

また、このブログは普段は音楽ブログです。この記事がはじめましての人は、こちらもぜひ覗いてみてくださいね。

harimusic.jp

 

harimusic.jp